FRONTIER配信向け6点セットレビュー!コスパは低い?

スポンサーリンク

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

FRONTIER配信向け6点セットアイキャッチ
スポンサーリンク

コスパが高く人気の「FRONTIER(フロンティア)」。

良心的な価格により、初めてのゲーミングPCも買いやすいメーカーです。

この記事では、スターターセット「配信向け6点セット」の性能や評価について紹介していきます。

ぜひ参考にして、ゲーミングライフを満喫してください。

スポンサーリンク

FRONTIER配信向け6点セットのスペック

製品名FRGPLB760B/SK1
FRGPLB760W/SK1FRGBLZ790/SK1 
イメージFRGPLB760B/SK1FRGPLB760W/SK1FRGBLZ790/SK1
マザーB760 チップセットB760 チップセットZ790 チップセット
CPUCore i7-14700FCore i7-14700FCore i7-14700F
GPURTX 4070 Ti SUPERRTX 4070 Ti SUPERRTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB(8GB×4)32GB(8GB×4)32GB(16GB×2)
ストレージ1TB1TB1TB
電源850W GOLD850W GOLD1000W GOLD
セット内容・ゲーミングPC本体
・モニター
・キーボード
・マウス
・マウスパッド
・ヘッドセット
・ゲーミングPC本体
・モニター
・キーボード
・マウス
・マウスパッド
・ヘッドセット
・ゲーミングPC本体
・モニター
・キーボード
・マウス
・マウスパッド
・ヘッドセット
価格410,800円(税込)427,800円(税込)425,800円(税込)
詳細公式サイト公式サイト公式サイト

配信向けセットでは性能が高い、ミドル~ヘビーゲーマー向けの3モデルを展開。

ゲーマーに人気のデバイス「HyperXシリーズ」がセットになった商品です。

PC本体と周辺デバイスをお得に購入できるゲーミングPCセットになっています。

FRONTIER配信向け6点セットのレビュー

FRONTIER配信向けセット
出典:https://www.frontier-direct.jp

スターターセットということで、周辺デバイスも手間なく手に入れることができます。

ケースはモデルによって違い、いずれもLED仕様。おしゃれでかっこいいです。

ケース以外にもデバイスの色やマザーボード、電源など違いがあります。

2面ガラスのブラックモデルはコスパが高く、美しい白のモデルは見た目重視。

「Z790チップセット」搭載モデルは拡張性が高く将来性があります。

いずれも付属品は同じなので、予算や好みによって選びましょう。

配信の性能としては、高画質で快適に配信ができます。

高品質のストリーミングをしたい方におすすめです。

また、家庭用ゲーム機の配信に必要な「キャプチャーボード」は付属していません。

ヘッドセット付きですが、マイク単体はカスタマイズで選択が必要。

ですがお手頃な価格で、

  • ゲーミングPC初心者
  • 安いものを探している
  • ミドル~ヘビーゲーマー

といった方におすすめできるゲーミングPCセットです。

予算を抑えてお得に周辺デバイスも揃えたい人にはピッタリでしょう。

ゲーム配信も快適に楽しみたい方向けのセットになっています。

FRONTIER配信向け6点セットのゲーミング性能

FRONTIER配信向け6点セット

「RTX 4070Ti SUPER」のゲーム性能は高解像度でも快適にプレイできます。

VALORANTやAPEXなどの軽量~中量級のゲームでは、フルHDで240fps以上。

WQHDでも144fps以上の高フレームレートを出すことが可能です。

サイバーパンクのような重いゲームも快適にプレイすることができます。

しかし4Kでのプレイでは、高フレームレートを出すのが厳しいタイトルが多いです。

設定の調整が必要なこともありますが、普通にプレイできる程度には快適になっています。

「RTX 4070Ti SUPER」はWQHDや4Kといった高解像度や、高フレームレートを目指す方向けです。

フルHDだとオーバースペックになりがちですが、高品質なストリーミング配信をしたい方にもおすすめです。

FRONTIER配信向け6点セットはいくらお得?

FRONTIER配信向け6点セットは、PC本体に加えて、

  • キーボード:HyperX Alloy Origins Core (赤軸)
  • マウス:HyperX Pulsefire Haste 2
  • マウスパッド:HyperX Pulsefire Mat(Lサイズ)
  • ヘッドセット:HyperX Cloud III ワイヤレス
  • モニター:MSI G24C6 E2 23.6型湾曲

といった総額約69,400円分のデバイスがセットになっています。

各製品をAmazonや価格.comなどで購入した場合の金額は、下記の通り。

カテゴリ名製品名参考価格
ゲーミングキーボードHyperX Alloy Origins Core (赤軸)12,000円
ゲーミングマウスHyperX Pulsefire Haste 28,500円
ゲーミングマウスパッドHyperX Pulsefire Mat(Lサイズ)2,200円
ゲーミングヘッドセットHyperX Cloud III ワイヤレス21,900円
ゲーミングモニターMSI G24C6 E2 23.6型湾曲24,800円
合計69,400円

FRGPLB760B/SG3」本体のみの価格は、2TBのSSDで359,800円。

配信向け6点セット「FRGPLB760B/SK1」を同様にカスタマイズすると、421,800円になります。

セットで買うと、単品購入より7,400円お得になります。

マウスパッドまで揃っているため、特に追加で購入する必要もありません。

各デバイスも購入予定の方には、お得なセットになっています。

FRGPLB760B/SG3と同等モデルの比較レビュー

今回は配信向け6点セットFRGPLB760B/SK1の本体「FRGPLB760B/SG3」を比較します。

製品名FRGPLB760B/SG3arkhive GC-I7G47MFRGAG-B760/4070TC/NTK
イメージFRGPLarkhive Gaming CustomFRGAG
CPUCore i7-14700FCore i7-14700FCore i7-14700F
GPURTX 4070Ti SUPERRTX 4070Ti SUPERRTX 4070Ti SUPER
メモリ32GB32GB32GB
ストレージ2TB2TB1TB
価格359,800円(税込)299,800円(税込)309,800円(税込)
詳細公式サイト公式サイト公式サイト

FRGPLB760B/SG3の特徴は下記の通りです。

  • 価格は標準クラス
  • 配信映えする華やかなデザイン
  • お得なセットモデルがある

他のモデルと比較すると、価格は標準クラスです。

おしゃれな見た目が気に入った方におすすめ。

お得なセットモデルがあるのも特徴となっています。

価格を抑えたモデルに加えて、

  • 購入前後の相談サポート
  • 1年間の基本保証
  • ヤマダ電機グループの安心感

などがあり、ユーザーの満足度が高い安心のモデルとなっています。

予算を抑えてお得に周辺デバイスも揃えたいのであれば、配信向け6点セットがおすすめです。

ゲーミングPCセットの比較レビュー

FRONTIER配信向け6点セットは、スターターセットということで、初めてゲーミングPCを購入する方にはおすすめ。

しかしFRONTIER以外でも、G-TuneのスターターセットやFPS向けセットなど、ゲーミングPCのセットはさまざまな種類があり、もっとお得なセットもあります。

ぜひチェックしてみてください。

おすすめカスタマイズ

FRONTIER配信向け6点セットは、基本的には初期構成でも十分です。

メモリも標準で32GBなので、最新の推奨スペックが高いゲームにも対応できます。

ゲーム配信やクリエイティブ作業も問題ありません。

ただし、色んなゲームを入れたい場合や動画の録画や保存をしておきたい場合は、2TBに変更するのがおすすめ。

おおまかな目安として、ゲームタイトル5~10本程度で1TB使用します。

OSは個人であればWindows 11 HomeでOK。Windowsにはセキュリティが付いているため、別途セキュリティソフトも不要。

初期構成で最低限は揃っています。

そのためスペック構成ではメモリを予算に合わせて、その他は欲しいものがあれば追加変更しましょう。

FRONTIER配信向け6点セットのレビューまとめ

  • お得なセットモデル
  • ゲーミングPC初心者におすすめ
  • ミドル~ヘビーゲーマー向け

周辺機器も揃えたいミドル~ヘビーゲーマーにピッタリのゲーミングPCセットです。

4Kで高フレームレートを求める方は、別モデルを検討しましょう。

とはいえ、ゲーム設定を調整することである程度対応できます。

ぜひ参考にして、ゲーミングライフを満喫してください。

以上最後までありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました